【 記事追加 : 2018-04-17 11:15

休業補償がある保険

働く仕事によっては保険に入っておいた方がいい場合があります。どういう仕事かというと、怪我によって通常の業務ができなくなるような仕事です。

例えばどういうのがそういう仕事になるかというと、警察官や消防官はそれにあたります。警察官や消防官は身体が資本の仕事です。手や脚を骨折していては犯人を追うことはできませんし、消化活動を行うこともできません。骨折して手を吊ってる警察官なんて頼りになりませんよね。

他には、佐川急便やヤマト運輸みたいな運送業も同じです。手を骨折していては荷物を持てませんし、脚を骨折していては荷物を運べません。

こういうように、怪我によって仕事ができなくなる時に最適な保険が休業補償のある保険です。この保険は、本来1日働いたらもらえる日額を休業していた日数分補償してくれる保険になります。

この保険さえ入っていれば怪我も怖くありませんよね。